心と体

2015年5月24日 (日)

帽子で熱中症対策!メンズモデルに学ぶ、この夏の渋いコーディネート

Health191
(Photo:Eddie Bauer Straw Fedora / men’s vintage safari sun hat, botanical band / medium by @CompanyMan | classic as a wicker chair. By Wicker Paradise)

さあ夏フェス、海、アウトドア!日差しが強くなると、気を付けたいのが熱中症。「帽子」をかぶれば、頭部が過剰に加熱されたり、頭皮が焼けてしまうのを防ぐことができますが、一方、ファッションとしての取り入れ方が難しくもありますね。そこで、海外・国内さまざまな「メンズの着こなし」を紹介しているサイトをピックアップしました。さすがのトータルコーディネートを参考に、この夏は帽子でキメてみませんか?



海外メンズのスナップからトータルコーディネートを学ぶ!

Health192
(Photo: Avatar By Mitch Barrie)

「Italy Web」の「帽子」カテゴリのページでは、「今週の人気帽子コーデ」「帽子のコーディネート一覧」として、海外メンズモデルによる帽子を使ったファッションのストリートスナップを紹介。気になったものを選択すると、全身での着こなしポイントが分かります。さらにページ右の「種類・色などで絞り込み」から「麦わら帽子」をクリックすると、夏に最適な麦わら帽子コーデもたっぷり見られますよ。

Italy Web



帽子の着こなし&コーディネート方法を指南

Health193

帽子を使ったコーディネートが充実している通販ショップを集めつつ、帽子の着こなし、帽子のコーディネートについて指南しているサイト。「自分に似合っているかどうかが何より大切」と、実感しやすい日本人モデルの画像を例に解説しています。

メンズファッション帽子【人気の通販・コーデがすぐ見つかる!】



折りたためてサッとかぶれる、上質なハットでダンディに

Health194

熱中症対策としては、全体的につばのついたタイプが理想的。熱がこもって逆効果のニット、レザー、ウールなどはNG、蒸れないメッシュ素材が特にオススメです。

「日経BPセレクション」では、上質な大人の帽子をピックアップ。こちらの「極細ペーパー折りたたみハット」は、ペーパー素材の軽さや復元性が魅力の中折れハット。つば先に入っているワイヤーで自由に形状を変えられます。

日経おとなのOFFオリジナル 極細ペーパー折りたたみハット

また、ページ下にある「折りたたみポークパイハット」「折りたたみゴルフハット」は、形状記憶素材ポリワイヤーをベースに、風通しが良く清涼感のある天然素材「カンピ」を使用。丸めて持ち運べ、型崩れが少ないのが特徴です。



つばの向きやかぶり方で表情がつけやすい、気軽なキャップの最新コーデ

Health195

つばがグルッとない分、日よけとしては弱いですが、「気軽なキャップがいい!」という方はこちらのサイトを参考に。子どもっぽくなってしまわない、大人っぽい最新コーデを紹介しています。夏のキャップは、通気性が良いかどうかに気を付けて!

男前研究所 キャップ コーデ【2015最新】

2015年5月13日 (水)

命を育むミネラルたっぷり「海の塩」。熟練の製塩技術で作られる塩・6選

Health161

(Photo: IMGP6918 By Masashi Yanagiya)

人間の生命の維持・健康には欠かせない「塩」。岩塩がなく雨の多い日本では、古来より海水から塩が作られてきました。そして、大量需要に対応するための製塩法の導入、塩の専売制といった施策を経て自由化され、現在あらためて、各地で大切に作られている海塩が注目されています。NHK朝ドラ「まれ」でも伝統的な製塩法が紹介され、ほかにもどんな塩が作られているのかと興味を持った方も多いことでしょう。そこで、日本各地のさまざまな設備で塩が作られている様子を、ネット上で見に行きましょう!


石川県・能登半島。豊かな里海に引き継がれてきた「揚げ浜式塩田」

(Movie: 命の塩 里海に生きる伝統ー揚げ浜式塩田 By UNUChannel

NHK朝ドラ「まれ」に登場して全国に知れ渡ることになったのが、石川県能登半島・輪島市の「揚げ浜式塩田」。500年以上の歴史を持ち、重要無形民俗文化財に指定されている伝統技術です。


(Movie: 揚げ浜式塩田.m4v By kankouwajimacity

目の前に広がる日本海から汲んだ海水を砂浜の塩田に撒いて蒸発させると、砂に塩が付着。その砂を集め、さらに海水を注いで溶かした塩分濃度の高い「かんすい」を釜で煮詰め、塩を作りあげます。

揚げ浜の塩


高さ6mのやぐらで作る、伊豆大島の「噴霧ネット式立体塩田」

(Movie: 海の精 おいしい塩は海からのおくりもの 1/2 By 海の精チャンネル

黒潮が流れ込む伊豆大島では、太陽と風の力で塩を作っています。特徴的なのは、高さ6mに組んだ木造のやぐらの上から、汲み上げた海水を噴霧して蒸発させる「噴霧ネット式立体塩田」という装置。そうして濃縮した「かんすい」を平釜で煮て結晶化させたあと、にがり液と分離させます。このノウハウは、高知や天草、沖縄などでも活かされているとのこと。ここではほかにも、温室で天日だけで乾燥させた塩も作られています。

(Movie: 海の精 おいしい塩は海からのおくりもの 2/2 By 海の精チャンネル

日本の伝統海塩「海の精」


京都府・丹後半島。鳴き砂の美しい海辺で作る「琴引の塩」

(Movie: 琴引の塩 By り丹後

京都府の丹後半島にある琴引浜海岸は、砂の上を歩くとキュッキュッと鳴る「鳴き砂」で有名です。この美しい砂浜に寄せる透明度の高い海水から作られているのが「琴引の塩」。このあたりの集落では、以前、各家庭でも塩を作っていたのだそう。丹後の山々から溶け出したミネラル分をも含む海水を、専用釜に加えながら、薪の強い火力で炊きつめています。

海遊 かいゆう


汲み上げた海水をホンダワラに通す「藻塩」

Health162
(Photo: Salt, Four Ways [107/366] By Tim Sackton)

海藻ホンダワラを利用する「藻塩」については、広島県で古代遺跡からその製塩土器が発掘され、瀬戸内の特産物に。また、宮城県塩竈市では古来より藻塩の製塩法を伝える神事があり、そのとおりの製法で再現された塩は復興に一役買っています。色は淡いベージュで海水と海藻両方の旨味があるのだそう。

塩竈の藻塩

ほかにも、パウダー状に粒子が細かい、北海道稚内市の「宗谷の塩」や沖縄県宮古島の「雪塩」などなど、全国で独特の製法やその海由来の成分によって、味わい深い塩が作られています。
宗谷の塩

宮古島の雪塩

海水からじっくり作られた塩は、塩辛いだけでなく甘味・旨味・苦味が絶妙で美味しいもの。マグネシウムやカリウムといった人間の体に必要なミネラル分が、凝縮されているのです。